歯並びが悪いと、見た目に影響が出ることはもちろんですが、それだけではありません。歯並びが悪いことで、歯磨きをしていても磨き残しのせいで、常に口の中を綺麗に保ちにくくなってしまいます。

すでに、歯並びが悪い人は歯が磨きにくいと感じたことがあるのではないでしょうか。

今までに培ったノウハウを活かし、表参道の矯正はかなり有益な情報が揃っています。

歯並びを治すことも考えてみてください。
最新治療法を知ると、やってみようという気になるかもしれません。

最近は、裏側矯正という歯の裏側に器具を装着する治療があります。

通常は、歯の表面に器具を装着するので目立ってしまいますが、これなら器具が目立ちません。

周りから指摘されることもないでしょう。


しかも、メリットはこれだけではありません。器具を歯の裏側に装着したほうが歯が動きやすいこともあって、治療期間が短くて済むとも言われています。


見えないだけではなく、治療期間まで短くなるならやってみたいと思いませんか。また、マウスピース矯正という治療法があります。

透明のマウスピースを使うのですが、外すこともできます。



徐々に歯並びの良いマウスピースに変えていくことで、歯並びを良くできるという治療法です。だから、何度もマウスピースを作る必要があります。この治療法も目立ちませんし、自分でマウスピースを外すこともできるので気持ちが楽になるかもしれません。

BIGLOBEニュース情報はこちらです。

矯正も新しい治療法が開発されているので、歯並びが悪い人は、これらの新しい治療法を受けることを考えてみませんか。